日本で個人が行える金融取引には株とFXの2種類の選択肢があります。

一見するとどちらも同じように感じられますが、投資対象や運用によって得られるメリットなど細かい点に違いがあるので、理解を深めた上で始めることが大切です。

そこで今回は、株とFXの違いを説明すると共に、それぞれの魅力について詳しく解説していきます。

投資の対象と数の違い

株式とFXの大きな違いに投資対象と数の違いがあります。

株式は文字通り企業が事業資金を調達する目的で発行している株式を購入して企業が上げた利益を分配する投資です。

国内に現存する株式会社全てが投資対象となるため、その数は3500以上にも及びます。

経験の浅い初心者にとって数千にも及ぶ投資対象全てを分析するのは簡単なことではありません。

それに対してFXは海外の国が発行している30種類程度の通貨が投資対象となるので、初心者でも気軽に始めることができます。

値動きの変動要因

取引をする上で重要視しなくてはいけないのが値動きについてです。

株式における値動きの変動のポイントなるのが投資した企業の業績です。

企業が発行している株式は業績に左右されるため、業績が上がれば相乗効果で株式の価値が上がって購入した値よりも高く売ることができます。

投資先の企業が世界を相手にしている場合、日本だけでなく対象となる国の影響も受けることがあるので注意が必要です。

一方FXは国が発行する通貨が投資対象となるので、その国の個人消費や雇用状況といった経済状況が値動きに関わってきます。

そのため、投資先の金融政策やGDPなどの情報にも目を配らなくてはいけません。

レバレッジ

金融取引をする上で知っておくと得をするポイントの一つにレバレッジがあります。

現物取引が手持ちの資金を使って株式や通貨を購入する取引なのに対して、レバレッジは自己資金を保証金にして借りたお金を投資に運用する方法です。

これにより、手持ちの数倍以上のお金を使って取引をすることができるようになります。

投資する金額が多くなればそれだけリターンの金額も増えるので、少ない資金で大きな利益を上げることが可能です。

その反面、損失が出た場合に受けるダメージが増えるリスクがあるのは否めません。

レバレッジはハイリスク、ハイリターンの要素を持ったシステムなので経験の浅い投資家は避けるのが無難と言えます。

株式の魅力は、特定の企業を応援しながら取り組めること

株取引の大きな魅力として挙げられるのが株主優待です。

これは株式の数に応じて企業から自社製品や優待券などを貰えるシステムのことを言います。

企業によってはテーマパークの入園券やお米や図書カードといった日常生活で役に立つ物が貰えるケースも多く、株主優待を基準に投資先を選定する人も少なくありません。

これらは企業の業績に左右されることがないため、少ない金額で複数の会社の株を購入して株主優待でレジャーを楽しんだり、生活費の節約をすることもできます。

また、株を購入は間接的にその企業を応援していることになるので、お気に入りの企業の支援者になった気持ちで楽しみがら投資ができるのも魅力です。

副業で始めるなら、FXもあり

FXにも株式にはない魅力があって、その一つが自由度です。

株の取引は平日の午前9時から11時、午後12時から15時の間だけと証券取引法によって定められています。

日中仕事や学業に勤しんでいる人にとって、この時間の制約がネックになってしまうのは否めません。

それに対してFXは、平日であれば24時間いつでも取引をすることができます。

これは時差によって常にどこかの国で市場が開かれていることが主な理由で、海外の通過を投資の対象としているFXならではのメリットです。

自分の好きなタイミングで取引ができる上に数千円程度の少額の自己資金から始められるという点から、副業として楽しみながら運用することもできます。